準富裕層(金融資産5,000万円~1億円)でも、贅沢な生活はできない?「会社員から準富裕層になる方法」

準富裕層

金融資産5,000万円以上~1億円未満の世帯を「準富裕層」と呼ぶ。

しかし、一般的な「お金持ち」のイメージとは違い、普通の生活を送っている場合が多い。

 

金融資産額別の5階層

  • 超富裕層     :5億円以上
  • 富裕層      :1億円以上~5億円未満
  • 準富裕層     :5,000万円以上~1億円未満
  • アッパーマス層  :3,000万円以上~5,000万円未満
  • マス層      :3,000万円未満

 

準富裕層は、証券会社の分類

「準富裕層」とは、あくまでも、証券会社系シンクタンクによる分類に過ぎない。

一般的に、金融資産の3分の1を株式に投資できるとされる。

例えば、金融資産5,000万円ならば、約1,600万円を株式に投資できる。

証券会社にとっては意味のある分類だが、消費行動については「準富裕層」と言っても一般人とそれほど違いがないこともある。

例えば、金融資産5,000万円あっても、働かずに年間1,000万円の生活をすると5年でなくなる。

結局、準富裕層と言っても一生、働かず贅沢できることはない。

 

年代別のアッパーマス層(3,000万円以上)の比率

準富裕層の年代別比率のデータがなかったので、アッパーマス層のデータを掲載します。

年齢アッパーマス層の比率
20代0%
30代1%
40代9%
50代16%
60代24%
70代23%

30代のアッパーマス層は1%なので、30代の準富裕層は1%よりも少ない。

 

会社員から準富裕層になる方法

金融資産5,000万円~1億円と聞くと、ほとんどの人は「無理」と思うかもしれない。

確かに、普通の会社員が、数年で準富裕層になることは難しい。

しかし、20年~30年間、毎月10万円を積み立てることができれば、退職金と合計で金融資産5,000万円に到達することは可能だと思う。

 

毎月積立で3,000万円

(運用利回り5%の場合)

毎月の積立金額積立期間最終積立金額
10万円17年32,052,452円
5万円26年31,912,799円
4万円29年31,202,797円
3万円30年24,967,759円

 

普通の会社員から、準富裕層(金融資産5,000万円以上)になるには、20年~30年間、毎月5万円~10万円を積立て、3,000万円を達成する。

さらに退職金2,000万円をもらって、合計5,000万円の金融資産を築くことは可能だと思う。

  • 34歳から毎月5万円を積み立てると、60歳で約3,200万円になる。退職金2,000万円をもらえば合計5,200万円になる。
  • 43歳から毎月10万円を積み立てると、60歳で約3,200万円になる。退職金2,000万円をもらえば合計5,200万円になる。

 

不動産を購入する場合

30代~40代で不動産を購入すると、住宅ローンの返済があるので、毎月5万円~10万円を積み立てることはかなり難しい。

30代で不動産を購入し、50代で住宅ローンを繰り上げ返済しても、60歳の定年までは数年しかなく、準富裕層になるにはかなり難しい。

 

GHATGPTの回答

金融資産5000万円を築くためには、以下のような方法があります。

  1. 定期預金や株式投資などの投資を行う 資産を増やすためには、定期預金や株式投資などの投資を行うことが重要です。ただし、リスクや利回りについての十分な知識が必要です。
  2. 副業を始める 本業以外に副業を始めることで、収入を増やすことができます。ただし、副業に時間や労力を費やすことで、本業に影響が出ることもありますので、バランスを考えながら行うことが重要です。
  3. 不動産投資を行う 不動産投資は、長期的に資産を増やす方法の一つです。ただし、不動産市場の変動や物件管理などのリスクもありますので、事前に十分なリサーチを行い、リスクを把握した上で行うことが重要です。
  4. 生活費を節約する 無駄な出費を抑えることで、貯蓄額を増やすことができます。定期的に自分の支出を見直し、節約できるところを見つけることが大切です。
  5. 将来のために資産運用を考える 将来的な資産形成のために、年金や保険などの積立商品を活用することも重要です。資産形成には長期的な視野が必要であり、将来の不測の事態に備えるためにも、慎重な資産運用が求められます。

コメント

不動産投資は、注意が必要だと思う。

日本全体では空き家が増加、人口減少しているので、不動産投資がそう簡単ではないと思う。

 

「準富裕層」を目指す必要はない?

繰り返しになるが「準富裕層」とは、証券会社系シンクタンクによる分類に過ぎない。

ある程度の貯蓄は必要だが、20代~30代ならば、無理して貯蓄するよりも、自分のしたいように消費すればいいのではないか?

極端な節約をして60歳になって「準富裕層」になったとしても、豊かな人生とは思えない。

20代~30代に節約生活をしたために、60歳になって、つまらないものに数十万円~数百万円も使ってしまうかもしれない。

 

まとめ

「準富裕層」の金融資産5,000万円では、それほど贅沢はできないし「一般人」と生活水準も変わらないこともある。

したがって、60歳まで何十年も節約生活をするよりも、副業で毎月3万円~10万円を稼いで、毎年数十万円を好きなように使う方が楽しい人生かもしれない。

 

2024年新「NISA」

NISAは少額投資非課税制度で、2023年までは1年間あたりの投資額は最大160万円(一般NISA120万円・つみたてNISAは40万円)。

2024年以降は1年間最大360万円(成長投資枠240万円・つみたて投資枠120万円)まで拡大する。

さらに一般NISAの5年、つみたてNISAの20年の非課税期間が無期限となる。

投資総額は1,800万円(成長投資枠は1,200万円)となる。

現行のNISAでは売却すると、その投資枠は復活しないが、新NISAでは売却分の非課税保有限度額が翌年には再利用可能となる。

  • 成長投資枠:上場株式・投資信託など
  • つみたて投資枠:条件を満たした投資信託のみ

 

error:Content is protected !!