ニュース 話題 プロジェクト ホテル 大阪市/大阪府

【大阪市】 近鉄グループホールディングス 「上本町エリア」を再開発【2033年度まで】

2019/09/20

筆者撮影

日経新聞電子版によると

近鉄グループホールディングス(GHD)は、近鉄「大阪上本町駅」、シェラトン都ホテル大阪、近鉄百貨店上本町店などが集積する「大阪上本町駅と周辺」の一体再開発に乗り出す。

2024年にも開業が予定されている大阪湾岸の「夢洲IR(統合型リゾート)」と三重県「伊勢志摩」を接続する拠点(ハブ)とする。

2023年度までに、大阪上本町駅の駅舎、シェラトン都ホテル大阪、近鉄百貨店上本町店の3事業に800億円を投資し、最終的には、2033年度までの完成を目指す。

 

シェラトン都ホテル大阪

 

うえほんまちハイタウン

 

近鉄百貨店上本町店+近鉄上本町駅

 

2023年度までに駅、ホテル、百貨店に800億円

2023年度までに、近鉄大阪上本町駅の駅舎、シェラトン都ホテル大阪、近鉄百貨店上本町店の3事業に800億円を投資する。

近鉄大阪上本町駅ターミナルビル 年間利用者2,800万人だが、ターミナルビルは築30年~50年と老朽化している
シェラトン都ホテル大阪 1985年に前身が開業、2007年に大型改修したが10年が経過している(578室)
近鉄百貨店上本町店 開業80周年だった16年から継続的に改装をしてきたが年間売上240億円

関連コンテンツ

スポンサーリンク





-ニュース 話題, プロジェクト, ホテル, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!