西日本と東日本 どちらの人口が多い?(2020年国勢調査)

首都圏(南関東)の人口は3,700万人、関西圏は2,200万人だから、関東のある東日本の方が人口が多いと思うかもしれない。

しかし、実際は西日本の方が東日本よりも人口が多い。(2020年国勢調査)

西日本東日本
関西(2府5県三重県を含む)2,231万人南関東(1都3県)3,692万人
九州・沖縄(8県)1,425万人北関東(3県)673万人
中国(5県)725万人北海道(1道)523万人
四国(4県)369万人東北(6県)860万人
中部(3県)1,315万人甲信越(3県)506万人
北陸(3県)293万人
合計(30府県)6,358万人合計(27都道県)6,254万人

(静岡県人口363万人は西日本として集計)

なぜ東北は衰退したのか?

関東以北で100万都市は仙台市と札幌市しかなく、東日本全体では大都市は少なく人口はそれほど多くはない。

関東以外の東日本は、新幹線や高速道路を建設し東京との結びつきを強化した結果、逆に東京に企業や人口が流出し(ストローされて)人口も経済も衰退しているのではないか?

 

西日本という概念

大阪・関西が発展するには、「西日本」との結びつきを強化することが重要だと思う。

しかし、大阪府民は「関西人」という意識は強いが、「西日本」という概念はあまり考えていない。今後は「西日本」というくくりで経済や観光を語るべきではないか?

 

関西圏にも空港を無理やり建設して、東京へのアクセスが便利になり都市が発展すると思ったら、東京に企業や人口が流出した衰退都市がある。

確かに東京へのアクセスは多重化されアクセスできる時間帯が広がり便利になったが、皮肉なことに「東京への企業流出・人口流出に便利な空港」になってしまった。

東京への交通アクセスを整備することは重要だが、その都市に魅力がなければ、企業や人口が東京に流出するだけになってしまう。

 

関西圏の人口は2,231万人だが、九州・沖縄1,425万人+中国725万人+四国369万人の合計2,519万人と関西圏よりも多い。

さらに北陸3県で293万人、中部地方1,315万人と関西圏に近い都市圏の人口は関東圏周辺に比べると多い。

東日本は東京周辺に企業や人口が集中しているが、西日本は広く企業や人口が分散しており、対等に連携できる立場にある。

関西が発展するには、東京との結びつきを強化するだけではなく、関西圏周辺の都市圏との連携をも強化すべきだと思う。

九州の先(西側)には、40億人の世界最大のアジア市場があるわけで、アジア40億人の成長力・経済力を西日本全体で面として受け止めて、西日本で連携・循環すれば西日本が発展することは間違いない。

実際、台湾の半導体受託生産メーカー「TSMC(台湾積体電路製造)」が熊本に投資額1兆円の工場を建設する計画がある。

地方の市長選挙で自治省出身の元官僚が「政府(東京)とのパイプを強化します」なんて言う都市があるが、そういう市長を選択した都市はほとんど衰退している。

やはり、地に足をつけて近隣県と連携して、さらに「西日本全体」の発展を考えるような「日本全体や世界全体を俯瞰」できる人物を首長に選ばないと首都圏以外の都市は衰退する。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました