横浜「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」高さ150m【2029年度竣工】

三菱地所(代表企業)、スターツコーポレーション、フジタ、ケン・コーポレーション、東急不動産から構成されるコンソーシアムは、2020年6月30日に関内駅前港町地区市街地再開発準備組合から「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」の事業協力者優先交渉権者に選定されており、2020年10月1日に同準備組合と基本協定書を締結し、事業協力者として参画することが決定した。

建物の規模は、高さ約150m、延床面積約88,500㎡で2025年度に着工し、2029年度に竣工する予定。

場所は、JR関内駅と尾上町通りの間の旧横浜市庁舎の隣接地。

 

フロア構成

階層用途面積
上層階居住13,000㎡
中層国際的なビジネネスと境域52,500㎡
上層(展望台)と低層(商業施設)観光・集客6,000㎡
合計71,500㎡(88,500㎡)

出典 三菱地所

関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 概要
プロジェクト名関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業
所在地横浜市中区港町2丁目
敷地面積約7,700㎡
建築面積約5,500㎡
延床面積約88,500㎡
容積対象床面積約75,500㎡
高さ約150m
着工予定2025年度
竣工予定2029年度

位置図(出典 三菱地所)

地図

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました